今年一番のヒット・・・?

仕事帰りに、先週末に行ったラーメン屋『つじ田』へ
またまた行ってしまいました。
こんなに頻繁に食べたくなるラーメンは初めてです☆
僕的には今年の "ラーメン OF THE YEAR" ですね(笑)
前回、煮干しっぽいって言いましたが、
煮干しというよりかつお節かな?
スープにはとろみがあって、さっぱりなのにこってり!
麺との絡みも良くて、食べごたえ満点です☆
好き嫌いが分かれる味かもしれないけど、
僕はイチオシですね。

それにしても最近はだいぶ寒くなってきました。
でも、空気が澄んでいるから景色がキレイ!
屋内から外に出た時の身が引き締まるような寒さが好き。
そして、日向に出ると太陽の暖かさを心から感じられるのも好き。
あとは音楽とカメラがあればシアワセになれます☆
お気に入りの音楽は常にiPodで持ち歩いてるからいいとして、
問題はカメラだなぁ。
デジカメ。
GR-Digital欲しい(>_<)

カレー革命!

前からちょっと気になってたカレー屋さんに行ってみました。
新大橋通りの八丁堀と新富町の間くらいにある
『カレー革命』というお店です。



一体どのへんが革命なのか・・・?
勇気を出して入ってみました w
店員さんは外国の方でなんだか本格的だし、愛想もよくて好印象です☆
ただ、カウンターオンリーの店内がちょっと狭いかなぁ。
で、早速注文。
今回は"素"のカレーに半熟卵をのせた『半熟卵カレー』にしました。
(店員さんの目の前で写真を撮る勇気がありませんでした・・・w )
お値段は?850だったかな?
なにげにサラダも付いてきましたョ!
カレー自体は挽き肉を使った、いわゆるキーマカレーというヤツです。
僕はキーマカレーはカレーの中でも大好きなカレーなので
ちょっと嬉しくなっちゃいましたね☆
そこにデッカい半熟卵(ちょっとオレンジ色っぽく色づいてる)が
で〜んとのってるワケですョ、ハイ。
味の方もなかなかで、辛すぎず甘すぎず、ちょうど良い味加減。
僕はフツーにおいしいと思いました☆
量もけっこうあるので、腹ぺこ状態でも満足できます!
お会計の時に、女性の店員さんが
「マタ ヨロシクオネガイシマース☆」
と言うので、
「は〜い☆」
と返事をして店をでました w
っとまぁ、また行ってみたいなぁと思わせられるお店でした。

M-AUDIO FW1814 レビュー その2

前回のレビューで、MOTU828よりハイが控えめだと書いたが、
そのことについてもうちょっと突っ込んで実験してみた。

前回の実験では、iTunesで44.1KHzのMP3もしくはAACを
各オーディオI/Fのサンプリング周波数を48KHzに設定して
聴き比べました。
MOTU828の最高値が48KHzだったのでそれに合わせてみたワケです。
その場合、FW1814の音の方がちょっとハイ落ちして丸く聞こえ、
結果としてちょっと物足りなく感じてしまっていたんですね。
でも、これじゃぁせっかく買ったのに(ProToole使うために買ったのだけど)
納得して使えないぢゃないか!
ってなワケで、改善策を試みた次第で。
その結果、FW1814のサンプリング周波数を96KHzに設定して再生すると
見違える・・・いやっ、聴き違えるほどにハイが出て
明らかに音が良くなったように感じました!
スバラシイ☆
ちなみに192KHzに設定すると、ビリビリと酷い音になってしまいます。
iTunesで音楽を聴く時はこの設定がベストだと思います。
ただ、音楽制作の時はまた話が違うんですよねぇ・・・。
自宅作業用のPowerMac G5/2.7GHz Dualなら96KHzでも平気なんだけど、
モバイル用のPowerBook G4/867MHzだと、
ProTools M-Powerdで96KHzレコーディングをすると
時々CPUがオーバーロードしてしまってダメな場合があんです。
ちなみにPowerBookでピアノレコーディングした音源が
こちらで聴けます。

http://blog.monoposto.ciao.jp/?eid=24948

一人ピアノレコーディング

FW1814とProToole M-Powerdをインストールした
愛用のPowerBook、それとマイクを持って、いざスタジオへ!
ピアノはいつものスタインウェイ B-211。
全部一人でやってたから写真撮り忘れて、
マイクはずした時に記念に記録用にパシャリ(苦笑)



それにしても全部一人でやるのは大変だ!
一番失敗したのは、予想以上に機材が重かったこと(笑)
肩掛けが壊れたバッグに詰めて手提げで移動。
スタジオに着く前にすでに腕がヤバイことに・・・。
案の定、演奏はうまく力が入らなくて散々な結果に(>_<)
あと、やっぱりスタジオを押さえてる時間を気にしちゃって
思い描いているよりテンポが速くなってしまうという
未熟者丸出しな一面も・・・(苦笑)
まだまだダメダメだなぁ。
自分への戒めも兼ねて、録音してきた音源を晒します!!

『ネガイヨシノ』Piano Version(サンプル): mp3 1.8MB

http://monoposto.ciao.jp/yoshino_demo.mp3
(直リンクうまく設定できませんでした・・・)


もっともっと精進せねば!!
ガッツ☆

M-AUDIO FW1814 レビュー

M-AUDIOのオーディオI/F FW1814を導入しました。
同時にProTools M-Powerdも導入しましたが、
とりあえずオーディオI/Fの音質的傾向をレビューしてみます。

とりあえず、いままで使ってたMOTU828(初代)との比較から。
iTunesからの音をオーディオI/Fから出力し、
ミキサー(Soundcraft COMPACT 10)に入力。
ミキサーのモニター出力から両方を聴き比べてみました。
FW1814はMOTU828に比べてHiが若干控えめで、その分Lowの締まりが良い音ですね。
パッと聴いた感じではFW1814の方が聴きやすい音だと思います。
定位感は全体的にセンターが目立つMOTU828に比べ、
まんべんなく広がっているような感じ。
出力の音量はMOTU828の方が音が大きいようです。

〜総評〜

パキッとHi上がりな感じのMOTU828は割とオールマイティに使える音。
パンチのある低域が魅力のFW1814はダンスミュージックなど
今風の音楽に向いてるかもしれません。
どちらも高音質なので、もうあとは好みの問題ですね。
でも、こうやって厳密に聴き比べないと違いは分かりにくいです(苦笑)


ちょっと時間が無くて甚だ簡単なレビューになってしまった(苦笑)
時間があったらその他のことについても触れようかと思います。