「ほしぞらのゆりかご」 - PLEYEL 3bis(1911年製)

僕の音楽的ルーツのひとつは近代フランスのピアノ曲なんですが、

実はいままでフランスのピアノを弾いたことは数えるほどしかなくて。

そんな中、去年訪れた群馬県は高崎のコンサートサロン アトリエミストラルさんですこしだけ弾いた

PLEYEL(プレイエル) 3bisという100年ほど前のピアノがとても印象に残っていて。

現代のプレイエルを弾いたことはあったのですが、ここのプレイエルは空間の箱鳴りも手伝ってか、

その小さなサイズからは想像できないほど豊かな低音の鳴りと、

光の粒子というか、粉砂糖というか、なにかそういったサラッとした華やかな響きを纏った中高音域、

そして全体から醸し出される柔らかさ、温かさは、現代のプレイエルではなかなか出せない音だったんです。

で、先日それをふと思い出して「プレイエル弾きたい」とSNSでつぶやいたら、

そのミストラルさんのピアノをメインテナンスしているさいたまピアノ工房さんから

「プレイエル 3bisの調整が一段落したので弾きに来ませんか?」とお誘いを受けまして。

もちろん、一も二もなく飛びついたワケで(笑)

そのときに撮った動画がコチラです。

 

 

アトリエミストラルさんのところのピアノとほぼ同時期の同モデルですが、その音色は結構違う印象です。

こちらの3bisは低音域は軽やかで、全体的に匂い立つような華やかさを感じました。

「フランスのピアノは香水の香りがする」と言われるみたいですが、分かる気がします(笑)

あと、「コンッ」というアタック感が独特ですね。

ちなみに曲は拙作「ほしぞらのゆりかご」という曲です。

僕がサントラを担当した映画「紲 〜庵治石の味〜」では主人公たちがデートするシーンで使われた曲ですね。

こういう音数が少なくてリリカルな曲には、このピアノの個性がばっちりハマります!

実はこの曲、88鍵ピアノの最高音(C=ド)を弾く箇所があるんですが、このピアノは85鍵で高音側が3鍵少ないんです!

試弾したときに「あれ?なんかいつもと景色が違う!?」と初めて気づいて泡食いましたが、

その部分は動画をご覧になっての通り、苦肉の策でなんとか乗り切りました(笑)

一緒に訪れていた演奏家・筒井一貴氏の的確なアドバイスにも感謝です!

 

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp

未発表曲「Tide of Far East【DEMO】」公開♪

未発表曲を公開します!

めずらしくオーケストラの曲となっています。

とある作曲仕事でボツになったものの、割と気に入っていたので、

少し手を加えてなんとなくでっち上げてみました(笑)

こういう曲は仕事じゃないと書かないから、

今後ソロ作品としてリリース予定のシングル(ミニアルバム?)とは毛色が違いすぎて入れられないので、

だったら蔵出しとして公開してしまおうと。

もともと映像につけるための音楽ということで、シネマティックというか、劇伴っぽい感じの曲になってます。

正直に言うと、オケ音源の音が気に入りませんが(^^;;

クワイアはAKAI全盛時代のサンプルを引っ張り出してきて使ったという、なかなかの突貫工事具合です(苦笑)

 

 

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp

90年前の蔵とオールドベヒシュタインが織りなす空間

先日、調布にあるしらべの蔵さんにお邪魔してきました。

こちらは90年前の蔵をコンサートスペースに改装した会員制の音楽サロンで、

この蔵と同年の生まれとなる1927年製のベヒシュタイン L型が常設されてます。

 

 

この蔵とピアノが織りなす空間は格別で、外界から隔離された空間ながらも不思議と息苦しさなどはまったくなく、

いつまでもピアノを弾いていたいと思わせるような居心地の良さがありますね。

そのピアノ、ベヒシュタインもとても良い状態にメインテナンスされており、

まるでアスリートのような引き締まった響きと、カッチリとしつつも温かみのある音色が

まさにオールドベヒシュタイン!といった感じで、蔵の雰囲気ともマッチしております。

この組み合わせは運命的とも言えるもので、訪れた人をタイムスリップしたかのような感覚にしてくれますね。

 

 

せっかくなので、演奏した動画を撮ってきました!

曲は、昨年リリースしたアルバム『Animo』にも収録した「キズナノカケラ」です。

世界に誇る日本の銘石・庵治石のCM用に書いたこの曲は、僕のピアノ曲の中でも親しみやすい曲のようで、

人気のある曲となっています。

この石職人たちに想いを寄せて書いた曲を、伝統ある日本の蔵で、ドイツの職人によるピアノによって奏でるということは、

なにげにすごいことだなと感じています。

 

 

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp

【蔵出し演奏動画】月下の舞踏

あけましておめでとうございます・・・って、ちょっと遅すぎですね(^^;;

年末年始から何かと忙しく、今年は年賀状も書けず終いでした。

 

さて、新年一発目の投稿はピアノ演奏動画です。

昨年夏に撮ったもので、すでに公開している

「the quiet doll painted in gray」 「小雨降るローテンブルク」と同じ日のテイクです。

しかし、なぜこれだけ公開せずにいたのかと言えば。。。

映像編集ソフトのバグかなにかで、コレだけ編集後の音声がところどころ音飛びしてしまっていて。

で、なにをやっても直らず、そのまま放置して忘れ去っていたというワケです(笑)

けど、先日、久しぶりに映像編集ソフトのHPを覗いてみたらアップデート版が公開されていたので、

早速DLして使ってみたら、問題点が解決していたと。

まぁそういうワケですね。

そんな【蔵出し】秘話でした(笑)

 

前置きはここまでにして、「月下の舞踏」御覧ください。

 

 

わずか半年前の演奏なんですが、いまとは全然違うのが自分でも驚きです。

いまはテンポももっと遅いし、タッチもより繊細になっていると思います。

ペダリングに関しては、この撮影時にいろいろと試行錯誤した記憶があり、

この映像からもそれが聴き取れますね。

そして、やたら動いてます(^^;;

これは緊張を紛らわすために意図的に動いてるんですが、いまはもうここまではしないですね。

もし、僕が演奏中にやたら動いてるのを見かけたら、だいぶ緊張してると思って下さい(笑)

 

最後に。

このピアノは毎度お世話になっているピアノプレップさんのペトロフ P173 Breeze Chippendaleで、

昨年秋のアルバム「Animo」発売記念コンサートでも使用したものなんですが、

先ごろ新しいオーナーさんのもとへお嫁入りしたそうです。

このピアノが入荷してからどんどんと音色が育っていく様を実感していただけに感慨深いものがありますね。

いろいろとお世話になりました!

このピアノとオーナーさんの幸せを願ってます♪

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp

今年の演奏 まとめ

2016年があと1日で終わってしまいますね。

今年は何と言ってもピアノ漬けな1年でした。

昨年から準備をしてきたアルバム『Animo』のレコーディングをし、夏にはリリース。

その間には10年ぶりに演奏活動を再開し、ピアノの演奏に関してはかなりの進化を遂げたと思ってます。

これらは僕ひとりの力では成し得なかったですね。

いろいろな人たちのご協力や影響の賜物です!

感謝!!

 

というワケで、この2016年に残した演奏をまとめてみます。

と言っても少ないですが(^^;;

 

 

 

 

アルバム『Animo』はSpotifyなどの無料ストリーミングサービスでもフルで聴けますので、

利用してる方は是非♪

 

『Animo』on Spotify https://open.spotify.com/album/4h0rBdkInAH2iKCskMHxbm

 

※その他配信サイトは特設ページ右側に並ぶリストをご覧ください。

 

 

来年は演奏活動にも力を入れつつ、久しぶりにエレクトロニカ系の楽曲をリリースしたいと思っていますので

どうぞお楽しみに!!

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp