シトロエン C2に乗ってみた



前々から気になっていたシトロエン C2を試乗してきました。
数年前から日本に導入されてるモデルで、
その頃からずっと気になってたのです。
というワケで、早速インプレッションを☆

乗ったのは1.6リッターのVTRというグレード。
キレイなメタリックブルーの車体が精悍だ。
ミッションはセンソドライブというクラッチレスの5MT。
以前試乗したプジョー 1007のミッションと同じもの。
まず発進して思ったのは、1007と同じミッションとは思えないほど発進がスムーズで、
エンストするんじゃないかと不安になるほどのエンジンの震えが全くないことw
おそらく、よりトルクのあるエンジンを搭載してるからだろう。
とりあえずオートマチックモードで走り出す。
変速時は1007同様で、やはりつんのめるようにギクシャクする。
タイミングを合わせてアクセルを抜いてやるとスムーズにいくけど、
自分の思ったところで変速してくれないからなかなか難しい。
なので、もうマニュアルモードにしてハンドル裏のパドルで変速することに。
普通のマニュアル車同様、アクセルを抜いてからパドルで変速し、
アクセルを踏み込むようにするとすごくスムーズに走れる!
やはりこれが本来の使い方のようだ。
シトロエンといえばハイドロニューマチックシステムのサスによる
クルーザーのように快適な乗り心地が特徴だけど、
C2は一般的なサスだし、シトロエンのラインナップの中でもスポーツ寄りなモデルなので乗り心地は硬めだ。
ハンドリングは低速では軽く、速度が増すと手応えが出てくる。
弟のVW ゴルフと比べると、FF車特有のトルクステアを感じるけど、
それほど気になることもなく、コーナーも気持ちよく駆け抜けることができた。
エンジンはスポーツカーほどじゃないにしろ、踏めば活発に回ってくれるし、
110psというパワーは大人3人乗車でも不足は感じなかった。
(よりスポーツなVTSというモデルは125psらしいが、
こちらはクラッチ操作を必要とする5MTのみだそうだ。)
ブレーキはかなり効く。
乗り慣れたBMWやゴルフのつもりで踏むと、同乗者に不快な思いをさせることになる(苦笑)
シートはサイドが適度に張り出していて、コーナー時でも体をよく支えてくれる。
なかなか座り心地の良いシートで気に入った。
前席に比べ、やはり後席は狭い。
まぁ基本的には2人乗りで、いざという時には4人乗れるといった感じか。
リアのハッチは上下分割で開くようになっていて、
後ろ側にスペースを取れないような場所でも
荷物の出し入れがしやすいようになっている。
内装はそんなにチープだとは思わないけど、
もうちょっと小物入れとかちゃんとしたカップホルダーとかあるとベターかな。

いやぁ、やっぱりイイわ、C2☆
スタイリングも好みだし、外装色に合わせて内装のアクセント色も変わるあたりフランスっぽいw
このVTRというモデルで215万。
国産の同クラスと比べれば、そりゃ割高かもしれないけど、
このオシャレな雰囲気は国産では得難い個性だろう。
もし最初にクルマ買うならこれくらいのがいいなぁ。
コメント

(^o^)こんばんわ、はじめましてueharaといいます。
愛知県刈谷市という異様にトヨタ率の高いこの町で、非常ににマイナーなシトロエン・C2とランチア・デルタに乗っています。 C2に試乗されたという事ですが、やはり初めてセンソドライブを体験された方はその独特の変速感に戸惑うみたいです。 自分も最初はそうでしたから。 やはりあのミッションはマニュアルモードで扱うのが基本みたいですね。 スタイルに関しては各個人の好みが有りますので一概には言えませんが、自分は結構気に入っています。但しあのフロントのダミーグリルだけは何とかしたいと思っていますが…(^_^;)。因みに家族からは「コガネ虫」みたいとか、「カブトムシのメス」だとか言われていますけど(T_T)。 自分のブログにC2の顛末記を書いていますので、良かったら覗いてみて下さい。 長文&駄文失礼しました。
それでは〜(^-^)ノ~~。

コメントありがとうございます☆
C2とデルタにお乗りなんですね!
男気溢れる素晴らしいチョイスですw
2ペダルMTは、やはりATの感覚が頭の片隅にあると戸惑うみたいです。
クリープ現象もないですし。
でも、ダイレクトな動力伝達と、意図的な変速が可能な点、
そして楽したい時のイージードライブは
運転好きには魅力的ですよね。
C2のスタイルは個人的にすごく好きです☆
言われてみれば昆虫っぽいですね(苦笑)
でも、トヨタのVitz、特に緑色のヤツこそコガネムシって感じがしますけど(爆)
ブログ、あとで拝見させて頂きますね。

  • Mishima
  • 2006/07/02 21:13
トラックバック
この記事のトラックバックURL