ちびっ子ブルーライオンに跨がる!!

前から気になっていたプジョーの1007を試乗してきました。

前から気になっていたプジョーの1007を試乗してきました。
初プジョー体験です☆
っつーか、初フランス車体験w
1007はプジョーの中で一番小さなモデルで、
両側のドアが電動スライドなのと、
インテリアのパーツを取り替えて模様替えできるのが特徴。
小さくてオサレなところが実に僕好み☆
ってなワケで、1.6リッターの上位モデルに試乗。

まず最初に気になったのが、クラッチレスマニュアル。
簡単に言うと、オートマ(以下AT)のようにクラッチ操作が不要なマニュアル。
普通のAT車は構造上駆動力の伝達ロスがあるので
パワーや燃費がマニュアル車に劣るのですが、
このクラッチレスマニュアルはクラッチ操作を機械がやってくれるってだけで、
基本構造は普通のマニュアルと同じ。
なので、パワーや燃費面で有利だし、AT限定免許でも運転できます!
ちなみにF1マシンもいまやこのタイプのミッションですね。
性能は段違いですがw
で、このクラッチ操作を機械がやってくれるってのが曲者で、
低速ではけっこうぎくしゃくします。
スピードがのってくるとスムーズなんだけど、
2〜3速あたりまでは息継ぎをするように加速が途切れます。
ATのつもりで運転してると非常に気持ち悪い(苦笑)
はっきり言って普通のMT車で自分でクラッチ操作した方が早いです(爆)
けど、ハンドル裏のパドルやシフトレバーを操作してのマニュアル変速モードにすると少しはマシになります。
たぶん変速するという心構えがあるからそう感じるんだろうなぁ。
あと、発進時は結構アクセルを踏んでやらないと思ったように発進しません。
ATはクリープ現象とかあるし、ちょっと踏むとスーっと進んでくれるけど、
このクラッチレスマニュアルは一生懸命半クラッチしてる感じw
他に気になる点としては、スライドドアなのは非常に良いんだけど、
おかげでシートベルトがはるか後方になってしまって非常に使いづらい(>_<)
それと、感覚的にアクセルの位置がすごく下にあるような感じで
踏みにくいのと、
ブレーキを踏む時につま先がハンドルのシャフトに当たってしまってやはり踏みにくいのが気になったかなぁ。
まぁこのへんはドライビングポジションにもよると思います。
けど、足のデカイ人は要注意!w(僕は25.5cmくらいです)
あとは、やっぱFF車なのでトルクステアを感じる場面もありましたね。
気にする程のことじゃないですが。

なんかマイナス面ばっかり書いてしまってるので
そろそろプラス面を(苦笑)
まず、そのスタイリングがいいです☆
最近のプジョー顔(ネコ科を意識してるようです)は好みが分かれるところだと思うけど、
個人的には結構好き。
内装もポップな感じで良いです。
シートの座り心地は結構良かったなぁ。
自慢のスライドドアはキーのリモコンで触らずに開けられるのは便利☆
閉めるときもボタン一つで閉まります。
運転した感じは、まぁフツーですかねw
スイフトスポーツのようにキビキビ走るって感じじゃなくて、
もうちょっとどっしりした感じ。
3ナンバーサイズの車幅や車重のせいもあるかな。
クラッチレスマニュアルのフィーリングに慣れれば案外快適です☆
全体を通して、個人的5段階評価だと「3.5」かなぁ。
性能に期待して乗るようなクルマではなく、
日常のファッションとして乗るクルマですね。
「マーチなんかフツーすぎて面白くないぜ!」という人が乗るクルマ。
なので、僕は結構気に入ってますw
あと同じくらいのクラスのフランス車だと、
シトロエンC2とルノー・ルーテシアも気になるので乗り比べてみたい!

帰り、普段乗ってるBMWに乗り換えると
そのすべての動作のどっしり感、フツーのAT作法に
ちょっと安堵したりしてw
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL