筑波山に響くピアノの音色

さて、無事にプレスから上がってきて発売準備を進めているピアノアルバム『Animo』ですが、

このアルバムの後半「キズナノカケラ」「rosalia」「voyage - feat. Kazutaka Tsutsui -」の3曲は

筑波山中にある筑波工芸 来楽庵さんにアップライトピアノを持ち込んでレコーディングしました。

そのときの模様はコチラをご覧ください。

あれからちょうど1年、完成したアルバムを携えて、来楽庵さんを訪ねました。

 

 

この筑波工芸 来楽庵さんは、そば打ち・陶芸・石彫りなどを体験できる施設であり、

土日祝日はお蕎麦屋さんとしても営業されています。

その広い座敷にはグランドピアノが置いてあり、いろいいろな音楽家がコンサートなどを催してます。

外には石舞台もあって、そこでの野外音楽イベントなんかもやってるそうですよ!

施設のすぐ側には川が流れていて、まさに山奥の隠れ家的ロケーションは素晴らしいの一言♪

 

実は、最初にここを知ったのは偶然でして。

1年前の初夏の頃、筑波山にフィールド・レコーディングに来た帰りに偶然通りかかってお蕎麦をいただいたのが最初。

前述の通り、入ってすぐのところにグランドピアノが鎮座していて「なんなんだ、ここは!?」って(笑)

ピアノ弾きとしては、これは弾かねばならぬ・・・というワケで少し弾かせていただいたのでした。

そのことを、盟友であり今回のアルバムでも「voyage - feat. Kazutaka Tsutsui -」を弾いてくれた

古典鍵盤楽器奏者の筒井一貴氏に話したところ、もうそこにピアノ持ち込んで録っちゃおうという話になって(笑)

氏のブログでもそのレコーディングの様子が綴られていますね。

 

さて、そんな来楽庵さんに来たら、当然お蕎麦を食べなければ始まらないワケで。

毎回食べている天ぷら蕎麦をいただきました。

 

 

これがまた美味しいのなんのって!

ここまで蕎麦の香りと味が濃いものは東京ではなかなか食べられません!

天ぷらも山で採れた山菜など、そのときどきで素材が変わります。

今回はイチジクの天ぷらが入っていて美味でした♪

 

最期にオーナーご夫妻と記念写真を撮らせていただきました。

 

 

こうやってたくさんの人に支えられて完成したアルバム『Animo』

是非たくさんの人に聴いていただきたいですね!!

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL