ふたご座流星群とUFOの話 ※追記

 数日前となる14日の深夜。
ふたご座流星群を観るべく、カメラを持って近所の河の堤防へ。
20個近くの流れ星を観ることができました♪
残念ながら写真にはおさめられなかったけど・・・。


いつかは流れ星の写真、撮りたいな。

それにしても、星を眺めるのはいいものだ。
去年あたりから意識して夜空を見上げるようになった。
子どもの頃、日本宇宙少年団に入っていたこともあり、宇宙とか星とかはいまでも大好きで。
最近は地球外に関するニュースが多くて嬉しい。
地球外生命とかね。
まだ微生物が存在するかも・・・程度の話だけど、知的生命体がいないとも言い切れないよね!

そう言えば先月あたり、夜中に未確認飛行物体を見たけど、アレはなんだったんだろうか?
午前0時頃、僕の頭上、十数メートルあたりを全長1mくらいで灰色っぽい直方体が
2〜3km/hくらいのゆっくりとした速度で通過していったのです。
音も光も一切なく、街灯りに照らされた曇天の下を一直線に横切る姿には、
言いようのない不気味さを感じた・・・。
鳥にしては羽ばたきもないし、スピードが遅すぎる。
飛行高度や音、光を考えても飛行機やヘリではありえない。
強いて言えば、ラジコンの飛行船に近いかな。
けど、深夜0時の住宅地上空にラジコン飛行船飛ばして遊んでるとも思えないし、
その動きは一切風に影響されずに一直線に進んでたし・・・。
とにかく無機的で不思議な物体だった。
民家に遮られて見えなくなるまでの十数秒間、ずっと目で追いかけてたんだけど、
結局なんなのかは分からなかったなぁ。


※追記
未確認飛行物体のカタチを立方体と書いたけど、正確には前後が絞り込まれた葉巻型に近い感じだったかな。
模様や継ぎ目のようなものは一切なく、ツルッとしてるけど質感はマットな感じ。
街灯りを受けた「腹」の部分がぼんやりと見えた程度なので、側面などの様子は不明。
サイズは1mか、それ以下。
人の乗れるサイズでないのは確か。
iPhoneで動画を撮ってやろうなんて思考は一切働かず、
まばたきもせずに凝視して何なのかを確認するのに必死だった。
動画、撮っておけばよかったなぁ・・・。




the view from "monoposto"
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL