ボルボ試乗記

またまた行ってしまいました、ボルボのショールーム。
お気に入りのC30は今回も入れ違いで置いてなかったので、
他のモデルを試乗してみた。
V70というステーションワゴンタイプとC70という4シーターオープンがあったけど、
今回は伸びやかでグラマラスなボディラインが美しいC70 T5を選択。
本来なら電動で開閉出来るハードトップを開けてオープンにしたいところだけど、
生憎の雨で、それは叶わず。

初めてボルボを運転したけど、こりゃ参った!
ボルボの最大の魅力は「居心地の良さ」だと思う。
シートはいままで経験したクルマの中で最高!
室内の造りの良さは相当高いレベルで、
ボルボの前に寄ったシトロエンと比べると、その差は歴然・・・。
ヤバイなぁ、コレ。
試乗したモデルはターボ付きのちょいとスポーティなモデルだったけど、
運転フィールはこれといってスポーティではない。
けど、それがかえって好印象。
乗り心地は恐ろしくフラットで、実家のBMWよりずっと良い。
ハンドリングも悪くはない。
ただ、履いてるタイヤが太くて扁平率の高いものだったから、
轍のある路面では、やたらとハンドルを取られた。
これだったら普通のサイズのタイヤの方がいい。
ブレーキタッチは、踏み込むにしたがってリニアに効くタイプ。
最近はちょっと踏んだだけでガクンと効くのが多いから、
そのつもりで踏むと肩透かしを食らうかも。

いやぁ、ボルボってホントにいいクルマだ。
確かに地味だし、これといった派手な特徴はない。
奇抜で美しいエクステリアならフランス車の方が勝ってるし、
官能的なドライブフィールならイタリア車の方が上。
優雅で豪華な室内空間だったらイギリス車の方が上だし、
動力性能やステイタス性だってドイツ車の方が上だろう。
けど、ボルボには「ホンモノの上質感」が満ちている。
この感覚は100万円以上の機械式腕時計を手に取った時と似ている。
あるいは国産のアップライトピアノと、海外のアップライトを弾き比べた時の感覚とも共通するものがある。
見ただけではこの価値は分からないだろうなぁ。
直に触れてみないと分からないと思う。
毎日身につける腕時計にこだわったり、滑らかな書き心地のために筆記具にこだわったり、
心地よい響きを求めてピアノにこだわったり・・・。
そういう「本当に長く付き合える相棒」的な香りを感じました。
人間に置き換えたら、まちがいなく「お嫁さんにしたいタイプ」ですね(爆)
惚れました。

ボルボはスローライフなクルマ

先日ボルボのショールームを覗いてみました。
ボルボに興味を持つのは中学生以来だから、かれこれ15年ぶりくらか?
お目当てはC30といモデル。
このリアのデザインが、どちらかというとコンサバなデザインの多いボルボにしてはアグレッシブで好きです。
このデザインは70年代に発売されていた1800ESというモデルの復刻。
かなりマニアックなその1800ES、実は高校時代によく見かけてたので、
C30が発表されたときにすぐにそれと分かりましたね。
で、お目当てのC30ですが、残念ながら実車が置いてなかった(>_<)
一足違いで他の店舗に回されちゃったみたい。
仕方がないので新人営業マンといろいろ話しながら他の車種を見せてもらった。
内装的に一番近いS40というモデルのシートに座る。
もうそれだけでビックリ!!
はっきり言って、ボルボを侮ってましたね。
こんな素晴らしいシートに座ったのは初めてです!!!
話によると、ボルボのシートの良さは有名で、
本国スウェーデンには、ボルボのシートを使った映画館があるほどだとか(笑)
そしてドアの厚さがもの凄い!!!
ウィンドウを境に内側にも外側にも相当な厚みを持っていて、
それがまったく圧迫感を与えずに、守られてる安心感に繋がっているのがスゴイ。
当然ドアを閉める音なんかは国産のようなへなちょこさは微塵も感じさせません(笑)
裏側が貫通してるセンターコンソールのデザインにも北欧のデザインセンスの良さを感じる。
シートに座っただけで降りたくなくなったクルマは初めてです。
この辺の感覚は、残念ながらベンツやBMWなんかは敵わないと思う。
もちろん動力性能やなんかはボルボの方が格下になるけど(苦笑)
地味だけど、本物の造りの良さが滲み出ている。
30万km以上走れるという驚くべき耐用年数にも驚いた。
スローライフな香り漂う、長く連れ添える素敵なパートナー。
ボルボはそんなクルマだった。
もし人生で一台だけクルマを持てるとしたら、
ボルボという選択肢はかなりアリだと思う。

ダイハツ コペン

ダイハツへクルマを見に行った。
お目当てはコペン☆
いま実家にはBMW 525iがあるけど、
もうこんな無駄なクルマはいらないと親父は思ってるらしいw
僕もそう思う。
遠出するときはセレナを使ってるらしいし。
それにBMWって結構壊れるんですョ(苦笑)
丁寧に乗っていても内装はベロベロに剥がれてくるし、
エアコンは大抵壊れるし・・・。
GWにこのクルマで親友とドライブしたんだけど、
もう日中はまったくエアコン効かなくて地獄だった(苦笑)
そんなのに乗り続けるくらいなら、
いっそのことコペンみたいな趣味グルマにしてしまおうかと。
親父はそう思ってるみたい。
まぁ実際はBMWの車検を取ったばかりだし、
「コペンじゃ釣りに行けないなぁ。」なんて言ってるけどねw
何はともあれ、とりあえず試乗してきました☆

コペンに試乗するのはこれで2度目。
今回はアルティメットエディションという特別仕様車です。
シートやステアリング、内装色が専用で、
BBSのアルミホイールとビルシュタインのダンパーで足を固めた
走り仕様のモデル。
親父を助手席に乗せて走り出す。
確かに乗り心地はノーマルより若干硬い。
前に乗った時も思ったけど、
ほとんど軽自動車だということを意識させないその走りには
目を見張るばかりだ。
すごくタイトな室内だけど、屋根を閉めていてもヘッドクリアランスは意外にもあって、
窮屈な感じはあまりしない。
各部の剛性もそれなりにしっかりしているから、
ハンドリングもカッチリした感じで軽っぽくない。
着座位置もすごく低くて、まるでゴーカートに乗ってるよう。
残念ながらエキゾーストノートは特に良い音ではないけど、
運転そのものを楽しむならこういうクルマの方がいいと思う。
親父も終始「ええなぁ・・・。」を連発していた(爆)
それにしても高い!
けど、乗りだしで200万・・・。
軽自動車の値段じゃねーッスョ!!
マツダのロードスターも買えちゃうって(苦笑)
荷物を置くスペースも絶望的なほどに無いし、 燃費も良くない。
これはホントの趣味グルマだ。
けど、そういう潔さと小ささがたまらなく好きだったりする。

シトロエン C2に乗ってみた



前々から気になっていたシトロエン C2を試乗してきました。
数年前から日本に導入されてるモデルで、
その頃からずっと気になってたのです。
というワケで、早速インプレッションを☆

乗ったのは1.6リッターのVTRというグレード。
キレイなメタリックブルーの車体が精悍だ。
ミッションはセンソドライブというクラッチレスの5MT。
以前試乗したプジョー 1007のミッションと同じもの。
まず発進して思ったのは、1007と同じミッションとは思えないほど発進がスムーズで、
エンストするんじゃないかと不安になるほどのエンジンの震えが全くないことw
おそらく、よりトルクのあるエンジンを搭載してるからだろう。
とりあえずオートマチックモードで走り出す。
変速時は1007同様で、やはりつんのめるようにギクシャクする。
タイミングを合わせてアクセルを抜いてやるとスムーズにいくけど、
自分の思ったところで変速してくれないからなかなか難しい。
なので、もうマニュアルモードにしてハンドル裏のパドルで変速することに。
普通のマニュアル車同様、アクセルを抜いてからパドルで変速し、
アクセルを踏み込むようにするとすごくスムーズに走れる!
やはりこれが本来の使い方のようだ。
シトロエンといえばハイドロニューマチックシステムのサスによる
クルーザーのように快適な乗り心地が特徴だけど、
C2は一般的なサスだし、シトロエンのラインナップの中でもスポーツ寄りなモデルなので乗り心地は硬めだ。
ハンドリングは低速では軽く、速度が増すと手応えが出てくる。
弟のVW ゴルフと比べると、FF車特有のトルクステアを感じるけど、
それほど気になることもなく、コーナーも気持ちよく駆け抜けることができた。
エンジンはスポーツカーほどじゃないにしろ、踏めば活発に回ってくれるし、
110psというパワーは大人3人乗車でも不足は感じなかった。
(よりスポーツなVTSというモデルは125psらしいが、
こちらはクラッチ操作を必要とする5MTのみだそうだ。)
ブレーキはかなり効く。
乗り慣れたBMWやゴルフのつもりで踏むと、同乗者に不快な思いをさせることになる(苦笑)
シートはサイドが適度に張り出していて、コーナー時でも体をよく支えてくれる。
なかなか座り心地の良いシートで気に入った。
前席に比べ、やはり後席は狭い。
まぁ基本的には2人乗りで、いざという時には4人乗れるといった感じか。
リアのハッチは上下分割で開くようになっていて、
後ろ側にスペースを取れないような場所でも
荷物の出し入れがしやすいようになっている。
内装はそんなにチープだとは思わないけど、
もうちょっと小物入れとかちゃんとしたカップホルダーとかあるとベターかな。

いやぁ、やっぱりイイわ、C2☆
スタイリングも好みだし、外装色に合わせて内装のアクセント色も変わるあたりフランスっぽいw
このVTRというモデルで215万。
国産の同クラスと比べれば、そりゃ割高かもしれないけど、
このオシャレな雰囲気は国産では得難い個性だろう。
もし最初にクルマ買うならこれくらいのがいいなぁ。

ちびっ子ブルーライオンに跨がる!!

前から気になっていたプジョーの1007を試乗してきました。

前から気になっていたプジョーの1007を試乗してきました。
初プジョー体験です☆
っつーか、初フランス車体験w
1007はプジョーの中で一番小さなモデルで、
両側のドアが電動スライドなのと、
インテリアのパーツを取り替えて模様替えできるのが特徴。
小さくてオサレなところが実に僕好み☆
ってなワケで、1.6リッターの上位モデルに試乗。

まず最初に気になったのが、クラッチレスマニュアル。
簡単に言うと、オートマ(以下AT)のようにクラッチ操作が不要なマニュアル。
普通のAT車は構造上駆動力の伝達ロスがあるので
パワーや燃費がマニュアル車に劣るのですが、
このクラッチレスマニュアルはクラッチ操作を機械がやってくれるってだけで、
基本構造は普通のマニュアルと同じ。
なので、パワーや燃費面で有利だし、AT限定免許でも運転できます!
ちなみにF1マシンもいまやこのタイプのミッションですね。
性能は段違いですがw
で、このクラッチ操作を機械がやってくれるってのが曲者で、
低速ではけっこうぎくしゃくします。
スピードがのってくるとスムーズなんだけど、
2〜3速あたりまでは息継ぎをするように加速が途切れます。
ATのつもりで運転してると非常に気持ち悪い(苦笑)
はっきり言って普通のMT車で自分でクラッチ操作した方が早いです(爆)
けど、ハンドル裏のパドルやシフトレバーを操作してのマニュアル変速モードにすると少しはマシになります。
たぶん変速するという心構えがあるからそう感じるんだろうなぁ。
あと、発進時は結構アクセルを踏んでやらないと思ったように発進しません。
ATはクリープ現象とかあるし、ちょっと踏むとスーっと進んでくれるけど、
このクラッチレスマニュアルは一生懸命半クラッチしてる感じw
他に気になる点としては、スライドドアなのは非常に良いんだけど、
おかげでシートベルトがはるか後方になってしまって非常に使いづらい(>_<)
それと、感覚的にアクセルの位置がすごく下にあるような感じで
踏みにくいのと、
ブレーキを踏む時につま先がハンドルのシャフトに当たってしまってやはり踏みにくいのが気になったかなぁ。
まぁこのへんはドライビングポジションにもよると思います。
けど、足のデカイ人は要注意!w(僕は25.5cmくらいです)
あとは、やっぱFF車なのでトルクステアを感じる場面もありましたね。
気にする程のことじゃないですが。

なんかマイナス面ばっかり書いてしまってるので
そろそろプラス面を(苦笑)
まず、そのスタイリングがいいです☆
最近のプジョー顔(ネコ科を意識してるようです)は好みが分かれるところだと思うけど、
個人的には結構好き。
内装もポップな感じで良いです。
シートの座り心地は結構良かったなぁ。
自慢のスライドドアはキーのリモコンで触らずに開けられるのは便利☆
閉めるときもボタン一つで閉まります。
運転した感じは、まぁフツーですかねw
スイフトスポーツのようにキビキビ走るって感じじゃなくて、
もうちょっとどっしりした感じ。
3ナンバーサイズの車幅や車重のせいもあるかな。
クラッチレスマニュアルのフィーリングに慣れれば案外快適です☆
全体を通して、個人的5段階評価だと「3.5」かなぁ。
性能に期待して乗るようなクルマではなく、
日常のファッションとして乗るクルマですね。
「マーチなんかフツーすぎて面白くないぜ!」という人が乗るクルマ。
なので、僕は結構気に入ってますw
あと同じくらいのクラスのフランス車だと、
シトロエンC2とルノー・ルーテシアも気になるので乗り比べてみたい!

帰り、普段乗ってるBMWに乗り換えると
そのすべての動作のどっしり感、フツーのAT作法に
ちょっと安堵したりしてw

クルマ欲しいけどその前に・・・

気分転換に帰省してみた。
まずスズキに行って、気になってたスイフト・スポーツに試乗。

速いな、コレ!
この手のクルマはアクセルが軽いから、
乗り慣れてるBMWの感覚でアクセルを踏むと
スゴイ勢いで発進する(笑)
坂道でもアクセルを踏み込めば追い越しもラクラクだ。
1tくらいの車重で125馬力あるから当然か。
ハンドリングもヒラヒラと軽快で
山道とか走ったら楽しそうだ。
国産車の中で欲しいと思わせる数少ないクルマ☆

お次はつくば市内にあるお気に入りのパン屋へ。
おいしいパンとカフェオレを買って、テラスで食べる。

プロヴァンス風でなんだかバカンス気分。
ちょっと寒いけど雰囲気満点だ☆

あとは実家に帰って、釣り帰りの親父が釣ってきたヒラメの刺身をいだだく。
やっぱり新鮮な刺身はうまいなぁ。
そしてオンボロのアップライトピアノを弾きまくる☆
今年中にピアノ曲をスタジオ録音して
ミニアルバムを作ってみようかと思う。
販売も考えてるので、興味ある方はご一報ください。

最後は大阪へ実習に行ってる弟のクルマ、VWのゴルフで最寄り駅まで。

前述のスイフト・スポーツと同じ排気量だけど、非力で遅い(苦笑)
でも、さすがにアウトバーンを走るクルマなだけあって、
運転のしやすさや安定感はスイフトより上だな。

いやぁ、なかなか良い気分転換になった。
明日からレコーディングに向けてピアノの練習しなきゃ!
いつものスタインウェイで。
今日弾いたら結構忘れちゃってたりしたので
少しずつ思い出さないと(苦笑)
ガッツ☆
1