配信限定ミニアルバム『IIE311』楽曲解説

配信限定ミニアルバム『IIE311』の試聴用ダイジェストムービーに詳細な楽曲解説を追加しました!

メロディがない曲もあったりするのでなかなか取っつきにくいと思いますが、

この解説を読みながら聴いていただければ、このアルバムのコンセプトが少しはご理解いただけるかと思います。

 

 

 

『IIE311』楽曲解説

 

 

 

「dream after daydream」

 

のほほんとした柔らかな印象のエレクトロニカだが、その裏にあるのは「この平穏な日常がいつまで続くのか・・・」という不安。この日常は白昼夢で、この夢から醒めたら過酷な現実が待っているのではないか。それから逃れようとまた夢を見る・・・。サンプリングされた生活音とボーカロイドによる無機質なハミングが夢と現の対比を表しているが、そのボーカロイドも空気を介して録音するなどして、現実との境界を曖昧にしている。所々に潜ませた存在感が希薄な詩の呟きも、この曲の大切なポイントである。その存在に気づいたとき、終わることのない夢の入り口に立つだろう。

 

 

 

「invisible thorn」

 

目に見えない棘。安全と言われた原子力の、まったく歓迎すべからざる置き土産。セシウム137を題材にした執拗に繰り返されるシンセ音と、ゆっくりとした速度で破壊されて行く人と自然。シンセパートはダイスを使ったチャンスオペレーション(偶然性を利用した作曲法)によりパート数、演奏範囲、音価、持続時間などを決定しているが、それは原子力を人の手では制御しきれなかったことの揶揄である。自然音は非常にゆっくりとした速度で劣化していくが、これはカセットテープに何度もダビングを繰り返し、それらを30秒単位でモーフィングすることで表現した。最後はPCに取り込む際に偶然生じたデジタルエラーにより完全に破壊される。この自然の音があまりに美しく心地よかったため、1ヶ月ほどはテープダビングして破壊するのが躊躇われた。人の罪深さを体現した曲。是非フルバージョンを最後まで聴いていただきたい。

 

 

 

「caged torsion」

 

抑圧された状況の中、湧き上がる創作衝動。破壊からの創造。音楽が生まれる前の混沌とした何かを表現するため、意図的にメロディを排し、各種楽器による無作為な発音で構成しているが、作曲者が最も慣れ親しんだ楽器がピアノなため、レコーディング前のピアノ調律音が唯一の作為ある発音となっている。冒頭のピアノ音はベーゼンドルファー Model.290 インペリアルの拡張された低音弦の最低音をマルチマイクで録音し、再生時にその組み合わせを変えることで位相変化を発生させ、微妙に音色を変えている。裏のテーマとして「創世記」=「神の創造」を潜ませているため、タイトルは「god's creation」のアナグラムになっている。

 

 

 

「キミ 想フ ヨルニ」

 

震災の直後、不意にやってくる余震への不安を掻き消すために生まれた曲。もともとはピアノ+ヴァイオリン+チェロの編成で発表したものだが、最近はピアノソロで弾くことの方が多い。今回は小型マイクを取り付けたiPhoneをピアノ内部に置き、ピアノの発する様々なノイズとのアンサンブルを試みた。ハンマーのゴツゴツとした音、ペダル踏み替え時の重低音、ダンパーと弦が触れ合う瞬間のビビリ、木製アクションの稼動音など、ピアノの内部には普段は切り捨ててしまう音で溢れている。それらがまるで小人のパーカッション隊のように楽曲を賑やかす。このピアノは1970年代のNYスタインウェイだが、他にも新品や100年ものの欧州製ピアノなどで試している。しかし、いずれもピアノ響きとしては素晴らしいものの、ここまで多彩なノイズが出たのはこのピアノだけだった。このノイズの中でひとつだけ「ジュワァァァ」と、フェルトか何かが押し付けられるような音が入っているが、実物では何度やっても再現出来ず、いまもって謎の音である。きっとピアノの精霊の悪戯だろう。

 

 

画像クリックで販売詳細ページへ。
リンク先の販売ストアアイコンをクリックで各販売ページへ直接ジャンプできます。

 

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp

ミニアルバム『IIE311』ダイジェスト版

最新ミニアルバム『IIE311』のダイジェスト版を制作しました!

配信ストアでの試聴よりも長く、オイシイところを切り取ってます(笑)

余談ですが、このムービーで使われている写真はすべてこのアルバムのアートワーク(ジャケット)で使った写真です。

これらを重ねてあのアートワークを制作しました。

その写真も、こだわりのフィルム、こだわりのビンテージカメラで撮ったもので、趣味と実益を兼ねた作業となりました(笑)

 

 

そしてそして!

ハイレゾ版の配信も開始しております!!

ハイレゾ、ストリーミング含め、配信ストアの詳細は以下の画像をクリックした先でご確認いただけます。

 

リンク先『IIE311』アートワーク画像右側に並ぶストアアイコンをクリックすると、
各ストアの『IIE311』販売ページへダイレクトにジャンプできます。

 

今回のミニアルバムの根底にあるのは3.11の震災が僕の心に残したキズです。

それは被災地の方々に比べたら微々たるものだと思うし、それをこうして見せるのは少し躊躇われるのですが、

少し離れた関東圏に住んでいる人の中にはきっと同じようなことを感じてる人がいると思います。

いまはこれまで通りに平穏な生活を送っていられるけど、目に見えない所で何かが確実に変わってきていて、

いつしかその平穏が奪われてしまうのではないか・・・。

自然の起こす現象はどうしようもないけれど、ヒトの手でどうにかできるも問題は誠実に対処していくべきだと思います。

 

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp

 

 

 

 

配信限定ミニアルバム『IIE311』リリース開始!!

アコースティックな活動や作曲仕事の合間に作っていた電子音響音楽を配信限定でリリースしました!!

 

 

"I incline my ears to 3.11" 無意識のうちに耳を傾けていた。あの日以来、日々のふとした瞬間に湧き上がる感情に。不安、恐怖、情動、願い・・・それらを実験的手法によって描いた本作。フィールドレコーディングで採取した音による世界の再構築。ダイスを使ったチャンス・オペレーション的作曲手法。カセットテープによる執拗なダビング。意図的なメロディの排除。ピアノから発せられるミクロな音とのアンサンブル。聴くたびに新たな発見があるような遊び心もそこここに。すべてはこの感情を共有したいがため・・・。近年はアコースティックな活動を主体にしていた三島元樹が贈る実験的電子音楽。

 

iTunes StoreなどのDL配信をはじめ、Apple Music、Spotifyなどのストリーミング配信、

制作時のマスターとまったく同じクオリティ(24bit 96kHz WAV.)のハイレゾ配信もご用意!

配信ストア情報やアルバムの詳細は上記アートワークをクリックしていただくか、以下のリンクから。

 

http://www.tunecore.co.jp/artist/monoposto_mishima#r377332

 

まだ配信が開始されていないストアもありますが、すべて出揃ったらまた告知いたします♪

 

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp

「ほしぞらのゆりかご」 - PLEYEL 3bis(1911年製)

僕の音楽的ルーツのひとつは近代フランスのピアノ曲なんですが、

実はいままでフランスのピアノを弾いたことは数えるほどしかなくて。

そんな中、去年訪れた群馬県は高崎のコンサートサロン アトリエミストラルさんですこしだけ弾いた

PLEYEL(プレイエル) 3bisという100年ほど前のピアノがとても印象に残っていて。

現代のプレイエルを弾いたことはあったのですが、ここのプレイエルは空間の箱鳴りも手伝ってか、

その小さなサイズからは想像できないほど豊かな低音の鳴りと、

光の粒子というか、粉砂糖というか、なにかそういったサラッとした華やかな響きを纏った中高音域、

そして全体から醸し出される柔らかさ、温かさは、現代のプレイエルではなかなか出せない音だったんです。

で、先日それをふと思い出して「プレイエル弾きたい」とSNSでつぶやいたら、

そのミストラルさんのピアノをメインテナンスしているさいたまピアノ工房さんから

「プレイエル 3bisの調整が一段落したので弾きに来ませんか?」とお誘いを受けまして。

もちろん、一も二もなく飛びついたワケで(笑)

そのときに撮った動画がコチラです。

 

 

アトリエミストラルさんのところのピアノとほぼ同時期の同モデルですが、その音色は結構違う印象です。

こちらの3bisは低音域は軽やかで、全体的に匂い立つような華やかさを感じました。

「フランスのピアノは香水の香りがする」と言われるみたいですが、分かる気がします(笑)

あと、「コンッ」というアタック感が独特ですね。

ちなみに曲は拙作「ほしぞらのゆりかご」という曲です。

僕がサントラを担当した映画「紲 〜庵治石の味〜」では主人公たちがデートするシーンで使われた曲ですね。

こういう音数が少なくてリリカルな曲には、このピアノの個性がばっちりハマります!

実はこの曲、88鍵ピアノの最高音(C=ド)を弾く箇所があるんですが、このピアノは85鍵で高音側が3鍵少ないんです!

試弾したときに「あれ?なんかいつもと景色が違う!?」と初めて気づいて泡食いましたが、

その部分は動画をご覧になっての通り、苦肉の策でなんとか乗り切りました(笑)

一緒に訪れていた演奏家・筒井一貴氏の的確なアドバイスにも感謝です!

 

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp

未発表曲「Tide of Far East【DEMO】」公開♪

未発表曲を公開します!

めずらしくオーケストラの曲となっています。

とある作曲仕事でボツになったものの、割と気に入っていたので、

少し手を加えてなんとなくでっち上げてみました(笑)

こういう曲は仕事じゃないと書かないから、

今後ソロ作品としてリリース予定のシングル(ミニアルバム?)とは毛色が違いすぎて入れられないので、

だったら蔵出しとして公開してしまおうと。

もともと映像につけるための音楽ということで、シネマティックというか、劇伴っぽい感じの曲になってます。

正直に言うと、オケ音源の音が気に入りませんが(^^;;

クワイアはAKAI全盛時代のサンプルを引っ張り出してきて使ったという、なかなかの突貫工事具合です(苦笑)

 

 

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp

90年前の蔵とオールドベヒシュタインが織りなす空間

先日、調布にあるしらべの蔵さんにお邪魔してきました。

こちらは90年前の蔵をコンサートスペースに改装した会員制の音楽サロンで、

この蔵と同年の生まれとなる1927年製のベヒシュタイン L型が常設されてます。

 

 

この蔵とピアノが織りなす空間は格別で、外界から隔離された空間ながらも不思議と息苦しさなどはまったくなく、

いつまでもピアノを弾いていたいと思わせるような居心地の良さがありますね。

そのピアノ、ベヒシュタインもとても良い状態にメインテナンスされており、

まるでアスリートのような引き締まった響きと、カッチリとしつつも温かみのある音色が

まさにオールドベヒシュタイン!といった感じで、蔵の雰囲気ともマッチしております。

この組み合わせは運命的とも言えるもので、訪れた人をタイムスリップしたかのような感覚にしてくれますね。

 

 

せっかくなので、演奏した動画を撮ってきました!

曲は、昨年リリースしたアルバム『Animo』にも収録した「キズナノカケラ」です。

世界に誇る日本の銘石・庵治石のCM用に書いたこの曲は、僕のピアノ曲の中でも親しみやすい曲のようで、

人気のある曲となっています。

この石職人たちに想いを寄せて書いた曲を、伝統ある日本の蔵で、ドイツの職人によるピアノによって奏でるということは、

なにげにすごいことだなと感じています。

 

 

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp

【蔵出し演奏動画】月下の舞踏

あけましておめでとうございます・・・って、ちょっと遅すぎですね(^^;;

年末年始から何かと忙しく、今年は年賀状も書けず終いでした。

 

さて、新年一発目の投稿はピアノ演奏動画です。

昨年夏に撮ったもので、すでに公開している

「the quiet doll painted in gray」 「小雨降るローテンブルク」と同じ日のテイクです。

しかし、なぜこれだけ公開せずにいたのかと言えば。。。

映像編集ソフトのバグかなにかで、コレだけ編集後の音声がところどころ音飛びしてしまっていて。

で、なにをやっても直らず、そのまま放置して忘れ去っていたというワケです(笑)

けど、先日、久しぶりに映像編集ソフトのHPを覗いてみたらアップデート版が公開されていたので、

早速DLして使ってみたら、問題点が解決していたと。

まぁそういうワケですね。

そんな【蔵出し】秘話でした(笑)

 

前置きはここまでにして、「月下の舞踏」御覧ください。

 

 

わずか半年前の演奏なんですが、いまとは全然違うのが自分でも驚きです。

いまはテンポももっと遅いし、タッチもより繊細になっていると思います。

ペダリングに関しては、この撮影時にいろいろと試行錯誤した記憶があり、

この映像からもそれが聴き取れますね。

そして、やたら動いてます(^^;;

これは緊張を紛らわすために意図的に動いてるんですが、いまはもうここまではしないですね。

もし、僕が演奏中にやたら動いてるのを見かけたら、だいぶ緊張してると思って下さい(笑)

 

最後に。

このピアノは毎度お世話になっているピアノプレップさんのペトロフ P173 Breeze Chippendaleで、

昨年秋のアルバム「Animo」発売記念コンサートでも使用したものなんですが、

先ごろ新しいオーナーさんのもとへお嫁入りしたそうです。

このピアノが入荷してからどんどんと音色が育っていく様を実感していただけに感慨深いものがありますね。

いろいろとお世話になりました!

このピアノとオーナーさんの幸せを願ってます♪

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp

今年の演奏 まとめ

2016年があと1日で終わってしまいますね。

今年は何と言ってもピアノ漬けな1年でした。

昨年から準備をしてきたアルバム『Animo』のレコーディングをし、夏にはリリース。

その間には10年ぶりに演奏活動を再開し、ピアノの演奏に関してはかなりの進化を遂げたと思ってます。

これらは僕ひとりの力では成し得なかったですね。

いろいろな人たちのご協力や影響の賜物です!

感謝!!

 

というワケで、この2016年に残した演奏をまとめてみます。

と言っても少ないですが(^^;;

 

 

 

 

アルバム『Animo』はSpotifyなどの無料ストリーミングサービスでもフルで聴けますので、

利用してる方は是非♪

 

『Animo』on Spotify https://open.spotify.com/album/4h0rBdkInAH2iKCskMHxbm

 

※その他配信サイトは特設ページ右側に並ぶリストをご覧ください。

 

 

来年は演奏活動にも力を入れつつ、久しぶりにエレクトロニカ系の楽曲をリリースしたいと思っていますので

どうぞお楽しみに!!

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp

「a piece of life(Live at Piano Prep, Tokyo)」公開♪

アルバム発売記念イベントの開催から1週間が過ぎました。

おかげさまで、とてもよい演奏活動の再スタートが切れたと思います!

今回は感謝の意を込め、その当日の演奏から1曲を公開いたします♪

ペトロフ ピアノの温もりある音色とともにお楽しみ下さい。

 

ちなみに背景写真に写っている手前のピアノが演奏に使ったピアノそのものです。

P173 Breeze Chippendale というモデルですね。

小型ですが木目と彫刻が美しい猫脚(チッペンデール)のピアノです。

奥に見えているのも外装違いの同型ですが音色は結構違っていて、

今回弾いたものの方がより枯れた感じというか、数年落ちの中古ということもあり

非常に好みの落ち着き方をした音になっています。

このピアノが入荷した直後に一度弾いているのですが、そのときはあまり印象が良くなくて(^^;;

どうやらあまり弾かれてなかったらしいんですね。

それから1年あまりの間にピアノプレップ代表の山内さんの手によって入念な整備・調整が行われ、

さらにたくさんの人によって弾き込まれた結果、見違えるほどの鳴りっぷりに変貌したのでした。

やっぱり楽器は弾いてやらないとダメですね。

そしてメインテナンスの重要性も痛感いたしました。

 

 

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp

Animo Release Party 無事に終了♪

アルバム『Animo』リリース記念イベント、Animo Release Partyが無事に終了いたしました!

たくさんの・・・とは決して言えませんが、僕の音楽が好きだと言ってくれる方々、

昔からの友人、音楽仲間、チェコのピアノに興味があって来られた方など理由は様々ですが、

この記念すべき日を一緒に楽しんでくれる人たちが集まってくれました。

中には、わざわざ他県からいらしてくれたのに開演に間に合わず、そっと外で聴いていた・・・なんて方もおられたようで、

気付かずに大変申し訳なく思うと同時に、そこまでして聴いてくださってとてもありがたいという気持ちでいっぱいです!

本当にありがとうございました!!

 

 

本イベントではアルバム収録曲全曲(+旧アルバムから1曲)をピアノソロバージョンで、しかも1曲1曲解説付きで演奏。

ピアノの状態も素晴らしく、僕の曲想を考慮して調律してくれたそうで、

前日のリハーサルで弾いたときよりも音色がピシッと揃っていながらも太く伸びやかになっていて、

音数が少なく、しっとり繊細な表現の多い僕の音楽を届けるのにまさに打ってつけのピアノになっていました!

特にこのピアノはよく鳴らし込まれていて、ペトロフの小型グランドの中でもかなり好みの音色です♪

会場となったこのピアノプレップさんとお付き合いするようになってから、ピアノの基本的な調整、

そこから演奏家に合わせてのカスタマイズという、言わばピアノ技術者の業というものの重要性を

強く感じるようになりました。

そのおかげで、より自分の表現を追求していけるわけですからね!

「弘法筆を選ばず」とは言いますが、より高みを目指すなら筆は選ばなくてはいけませんね(笑)

 

 

そんなこんなで10年ぶりとなるソロコンサートでしたが、自分でもだいぶ成長したなと思えました。

実際、10年前に聴きに来てくれた友人なんかも「上手くなったね!」と言ってましたし(笑)

とにかくピアノを弾くことが自然なことになってきたのを感じます。

僕にとってピアノは言語なワケで、いままで一所懸命にカタコトで喋ってたのが、

日常生活をおくるのに支障がない程度には流暢に喋れるようになってきたって感じですかね。

緊張して噛んだりしちゃうところもすごく言語っぽいなと思ってます(笑)

 

そんな充実したコンサートが終わったいま、燃え尽き症候群的に無気力になってしまうかと思いましたが、

まったくそんなことはなく、むしろ「もっと弾きたい!」という思いが強まってますね。

ピアノ演奏に関しては、今年1年で劇的に変化したと実感しています。

音の出し方、身体の使い方、何からなにまでアップデートされた感じです。

それもこれも、良い音楽仲間、良い技術者と出会えたことがとても大きいですね。

本当にありがたいことだなと思っております!

 

というワケで、せっかく身体に染みついたピアノを弾く感覚が薄れていかないように

これからも精進していこうと思うのでありました。

と同時に、エレクトロニックな音楽も平行して作っていきますので、みなさまお楽しみに♪

 

 

 

the view from "monoposto"

http://monoposto.ciao.jp