久しぶりにKodak DC4800zoomを使ってみた

 かなり遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年初のブログでございます(^ ^;;

先日、コダックが破産申告をしましたね。
フィルム界の巨人もついに倒れるか・・・といった感じで、少々感慨深いです。
デジタル化の波に乗り切れなかったという報道ですが、
そんなコダックも当然デジカメはいろいろと出してました。
けど、そこはやはりコダック、一般ユーザーよりもマニア向けな機種が多かった気がしますw
中でも個人的に気に入ってて手放さずにいるのが、名機DC4800zoom!


詳細なスペックは省きますが、CCDは310万画素と、当時としてはハイスペック機。
1000万画素オーバーが当たり前の現在からすると見劣りするかもしれませんが、
写真は画素数じゃないですよ!
いまのデジカメよりもよっぽど「カメラらしい」デジカメなのであります。

このカメラの売りは、コダクロームを思わせるビビッドな色乗りだったんですが、
個人的にはB&Wが好きですね。
しかも「ノーマル」「Yフィルター」「Rフィルター」の3種類が用意されるというマニアックな仕様!
そのなかの「Rフィルター」が大好きなのです。




「Rフィルター」にするとザラッと荒れるんですが、そこがたまらなく好きですね。
いまのデジカメのようにシャッター押すだけで破綻のない写真が撮れるという代物ではなく、
気に入った写りを得るにはそれなりの慣れと工夫が必要ですが、
そういったところもまた愛おしいですね。
末永く使ってやろうと思います♪



the view from "monoposto"

久々にコンデジを使ってみた

 久しぶりにカメラを持って散歩しました。
台風にドキドキしながらw



iPhoneを買って以来、デジカメを持ち出すことがめっきりと減りましたね。
日常的に使うにはとても便利なので。
でも、やっぱり不満点はそれなりにあるし、なにより"写真を撮っている"という感覚に乏しい。



今回持ち出したのは、デジカメとしては一番最後に買ったRICOH R8。
もう結構古い機種になるけど、コンデジとしてはいろいろ遊べる方なので気に入ってます。
起動も早いしマクロにも強い。
サッと取り出してササッと撮るにはなかなか良いカメラです。



でも、露出はオートしかないので、やはり"写真を撮っている"感覚という点では物足りないですね。
僕は撮った写真の仕上がりよりも、撮ってるその瞬間の方が好きなんですw
普段は音楽という時間芸術に浸ってるから、時間軸を持たない"写真"を撮ることが、よい気分転換になるのです。

というワケで、いまはフルマニュアルでレンズ交換のできるカメラが欲しいですね。
"写真を撮っている"という感覚を実感するにはそれが一番!
フィルムのカメラではいくつも持ってるけど、デジカメでは持ってないので。
カメラに限らず小さいものが好きなので、ミラーレスの小型一眼がずっと気になってます。
筆頭は、いまならOLYMPUS PEN E-P3かな。
PENはフィルムのPEN-Sを愛用しているのでなじみ深いし♪
けど、小さいという点ではPENTAX Qも気になるなぁ・・・。
しばらくは様子を見ようw


the view from "monoposto"
http://monoposto.ciao.jp

KODAK DC4800Zoom

 久々にKODAK DC4800Zoomを引っ張り出して使ってみた。





フィルムカメラのような操作性がいいですね。
まだまだ現役で使えそうです!



the view from "monoposto"

久々のXiaostyle

久々にトイデジカメ Xiaostyleを引っ張り出してきて使ってみた。
相変わらず独特な雰囲気の写真が撮れる。

 
レンズ内だかCCDだかに付着したゴミが写り込むのが残念だけど、
こういった被写体なら全然目立たない。
オールマイティではないけど、手放せないデジカメだ。


AGFAがこんなものまで!!



久しぶりにヴィレッジヴァンガードに行ったら、
なんとAGFAが110のフィルムを出してました!
復活しただけでもビックリなのに、コレには感動すら覚えましたね(笑)
ちなみに、このパッケージと同じカラフルなカラーリングの
ハリネズミカメラ+AGFA110フィルムのセットも売ってました。
良い時代になったものです(爆)

フィルムの感度は200でした。
現在手に入りやすい110フィルムと言えば、
フジの100、コダックの400、Solarisの200しかなかったので、
選択肢が増えて嬉しい。
110フィルムのカメラはたくさん持ってるので、使うのが楽しみです。
さて、どんな発色をしてくれるのか・・・。
1